ゴッドファーザー末裔が激白「マフィアと日本のヤクザ」

ゴッドファーザー末裔が激白「マフィアと日本のヤクザ」
壮絶な半生を振り返ったマリオ氏

 映画「ゴッドファーザー」のモデルになったと言われている“伝説のマフィア”ラッキー・ルチアーノの末裔が、なんと日本にいた。幼少時代からマフィアの一員として活動、世界各国を渡り歩いて日本に来たマリオ・ルチアーノ氏(53)だ。25日に自身の半生をつづった著作「ゴッドファーザーの血」(双葉社)が出版される。同書は、発売前からゴッドファーザーの大ファンたちが多数予約、異例の緊急重版となり1万部を突破したという。本紙はマリオ氏に緊急インタビューを敢行。波瀾万丈な人生を語った。

 東京・茅場町のイタリアンレストラン「ウ・パドリーノ」。落ち着いた雰囲気の店内には、ゴッドファーザーでヴィトー・コルレオーネを演じた名優マーロン・ブランドから麻生太郎財務相の写真などが飾られている。自身が経営するレストランの中に、まるでゴッドファーザーに出てくるようなおシャレなスーツ姿で決めたマリオ氏が待っていた。

 マリオ氏は1964年、イタリアのシチリア島で生まれた。父はギリシア人。母は同島の出身で、母方の祖母のいとこの息子が、ラッキー・ルチアーノだ。「コーサノストラ」と呼ばれたイタリア系マフィアのトップにして、マフィアを近代化したことで知られるラッキー・ルチアーノは、世界のマフィア史で、最も有名な大物と言っても過言ではないだろう。

 その血を受け継いだマリオ氏も幼少のころに米国ニューヨークに移住した後、コーサノストラに加わった。同地にいた母方の祖父や伯父がマフィアだったため、中学生のころになると自然と“コーサノストラ・ファミリー”の一員となった。その時代には、今でも忘れられない壮絶な光景を目にした。

...続きを読む

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年4月24日の芸能総合記事
「ゴッドファーザー末裔が激白「マフィアと日本のヤクザ」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    こういう人にも麻生さんって人気なんだ、あのマフィア風の恰好がいいのかな

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。