中村獅童 母・陽子さんの通夜で「不思議な現象」体験

中村獅童 母・陽子さんの通夜で「不思議な現象」体験
“スピリチャル体験”を明かした中村獅童

 歌舞伎俳優の中村獅童(45)が23日、都内で行われた「母の日参り パートナーシップ 2018年度共同プレス発表会」に出席し、自らの“スピリチュアル体験”を明かした。

 大型連休に帰省し、墓に参って先祖の供養をしようと呼びかけるキャンペーン。獅童は梨園の荒波を二人三脚で歩んできた最愛の母・小川陽子さん(享年73)を2013年12月17日に失っている。

 15年に元モデルの沙織さん(34)と再婚。獅童は脳動脈瘤や肺腺がんを克服し、昨年12月18日には待望の陽喜(はるき)君を授かった。「17日がおふくろの命日で、偶然にも翌日に子供が誕生した。後援会の方々には、子供はとても母に似ていると言われる」という。

 初代獅童だった父の三喜雄さんは若くして歌舞伎界を去っており、後ろ盾がいない中、陽子さんはすべてをささげて、獅童が歌舞伎役者として輝けるようサポートし続けた。

 獅童は「うちのお袋は執念深くてエネルギッシュ、パワフルな人。竹を割ったような性格だった。僕は不思議な現象はあまり信じない方だが、通夜の際におふくろの写真がパタンと倒れたり、誰もいない事務所のパソコンの電源が急に入ったり、楽屋の掛け軸がバサッと落ちたり、うそじゃないかと思うことがよくある」と、自らの周りで起こる“超常現象”を告白した。

 だが、さらに不思議なのは周囲の反応だ。「あのお母さんなら、そんなことが起きてもおかしくないということで、誰も驚かない。妻が言うには、何かのメッセージを伝えに来ているんじゃないかと。それくらいメッセージ性の強い現象が続いている」と獅童は証言する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年4月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ムロツヨシ」のニュース

次に読みたい関連記事「ムロツヨシ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三浦貴大」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦貴大」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。