月亭八方「破天荒」は「まさしく月亭可朝」お別れ会で思い出披露

月亭八方「破天荒」は「まさしく月亭可朝」お別れ会で思い出披露
月亭可朝さんをしのんだ八方
       

 3月に死去した落語家・月亭可朝さん(享年80)のお別れの会が24日、大阪市内で行われ、可朝さんの弟子である落語家・月亭八方(70)が思い出を語った。

 八方は、1968年に可朝さんに弟子入り。「当時、落語がブームで若手がすごい勢いでした。その中でおもろいのは月亭可朝やと思って、追っかけをしていたんですけど、花月に見に行ったら、落語もせんと座布団の上で寝とるんです。こんな気楽な仕事があるんかと思いました」と振り返った。

 バクチ好きで知られた可朝さんは、バクチを続けている限り勝った負けたはないと話していたという。八方もそれにならって、バクチをかじったというが「僕はすぐにやめたので、その時点で負け。今回、亡くなって『負けたかな』と言うてるか『あの世にもバクチはあるから、まだ負けてない』って言うてるか」と笑った。

 電車で前に座った男性の頭をはたいたり、朝さんの落語会でパンツ一丁で走り回ったことなど、破天荒エピソードも披露。「『破天荒』ってのを調べたら、今までになかった形を編み出すとある。まさしく月亭可朝。自由奔放で、ほかにはいないって言われるのが大好きで、おもろいヤツ、変わったヤツってのを絶えず意識していた。それが芸能界で生きるには一番大事というのを後々、私に教えたんかもしれない」

 そんな性格だから、2008年に起きたストーカー騒動も「あの時、70歳。世間に存在を示すために相手の女性に『訴えてくれ』と頼んだんちゃうか」と独自の見解を示した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。