ハリルホジッチ氏 日本サッカー協会に復讐へ韓国代表監督に就任!?

ハリルホジッチ氏 日本サッカー協会に復讐へ韓国代表監督に就任!?
徐々にヒートアップしていったハリルホジッチ氏。協会側の対応に恨み節

 前代未聞の復讐劇が始まるのか。サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日、都内の日本記者クラブで自身の解任に対する反論会見を開いた。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)や、技術委員長を務めた西野朗監督(63)らを名指しして猛批判を展開。協会側との対立の根深さを鮮明にした。協会と遺恨を引きずるなかで浮上してきた驚きのプランとは――。

 落ち着いた様子で会見を始めた前指揮官は「私はしっかりと日本で仕事をしてきた。こんな形で日本を去ることになるとは…。考えつく限りの最悪の悪夢の中でも、このようなことを考えたことはない」とまずは解任への不満を爆発させた。

 すると、ここからは協会への“口撃”がヒートアップ。「何か問題があったとしたら会長が事前に言ってほしかった。会長はあるスタッフとは話したけど、なぜ私たち(外国人)のコーチングスタッフとは話をしなかったのか」と協会トップの田嶋会長にかみついた。返す刀で「西野さんは技術委員長は初めてだった。彼とのコミュニケーションは少なかったかもしれない。あまり多くを語る人ではなかった」と西野監督の技術委員長としての仕事ぶりにも疑問を投げかけた。

 さらには「会長は技術委員会がたくさんの修復を試みたと言ったが、技術委員会の存在すら知らなかった。誰からも話を聞いたことはない」と技術委員会の体制にも矛先を向けた。そして最後には本紙既報通り、一部選手の造反の可能性にも言及した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年4月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。