「Apple Pay」のセキュリティに思わぬ抜け穴〜なりすまし詐欺の格好の標的に

アップルによる決済サービス「Apple Pay」を狙ったなりすまし詐欺が横行し問題になっているようです。

The Guardianの記事によると、他人になりすまして「Apple Pay」で物品を購入し、それを換金するという手口の詐欺が発生しているとのこと。

Apple Payが利用できかつ高額の商品を扱っているという理由で、あろうことかApple Storeもターゲットになっているようです。

プラスチックのクレジットカードの場合、詐欺による被害は10bps(100ドルあたり0.1ドル=0.1%)以下が相場とされていますが、Apple Payでは最大で600bps(約6%)にも達しているとのこと(Drop Labs)。

最新の技術を投入したApple Payが、ここまで詐欺の被害に合っているのはどういうことでしょうか。

Apple Payとは

「Apple Pay」のセキュリティに思わぬ抜け穴〜なりすまし詐欺の格好の標的に

日本ではまだ馴染みのないApple Payについておさらいをしておくと、アップルが昨年10月に開始した決済サービスで、クレジットカードや銀行のデビットカードなどをiPhone(および対応でバイス)に登録することで、店頭でおサイフケータイのようにワンタッチで決済したり、アプリ内で支払いができるようになります。

カード番号は登録時にカード会社によって「トークン」という別の番号に置き換えられ(トークン化)、デバイス内の「セキュアエレメント」に保存。決済時にはカード番号の代わりにトークンが使われます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Touch Labの記事をもっと見る 2015年3月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。