「Apple Pay」のセキュリティに思わぬ抜け穴〜なりすまし詐欺の格好の標的に

この種の情報はたびたび大規模に流出しているので、詐欺グループならば簡単に入手できることは想像に難くありません。

無事アクティベートされてしまえば本人とは見分けがつかないので、Apple Storeでも堂々と買い物ができてしまうわけです。

Apple Payの脆弱性ではない

「Apple Pay」のセキュリティに思わぬ抜け穴〜なりすまし詐欺の格好の標的に

この抜け穴はApple Payの脆弱性というより、カード会社側の認証システムの甘さを突かれたと言った方が正しいかもしれません。

しかしながら、当初アップルはカード会社側の認証をオプションと説明していたらしく、導入までわずか一ヶ月を切ってから必須事項へと変更。

十分な時間の無いままサービスインしてしまったため、カード会社は認証システムの整備が間に合わなかったという背景があり、アップルの責任でもあるようです(Drop Labs)。

今後カード会社が本人確認を正しく行えるようになれば、この手法による被害は少なくなると思われます。

幸か不幸か、国内でのApple Pay開始の噂は聞こえてこないので、日本で使える頃には解決済みの問題となっているかもしれません。

©2014 "Touch Lab - タッチ ラボ".

あわせて読みたい

気になるキーワード

Touch Labの記事をもっと見る 2015年3月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。