iFixit、「iPhone 6s Plus」の分解写真を公開

iFixitが、iPhone 6s Plus分解写真を公開しています。

この分解レポートは、時差の関係で有利なオーストラリアにスタッフを派遣して行ったとのこと。

同時に発売されたiPhone 6sのレポートは、先行して公開されています。

基本的な構造はiPhone 6sと変わらず、まずは2本のネジ(パンタローブ)を外すところから。

iFixit、「iPhone 6s Plus」の分解写真を公開
image: iFixit

画面と本体の固定には、接着剤も使われているとのこと。

力を入れて引き剥がすと、勢い余ってケーブル類を傷める可能性があるため、同社が開発した専用ツール「iSclack」が登場。

iFixit、「iPhone 6s Plus」の分解写真を公開
image: iFixit

ディスプレイ側と本体側は、3本のフレックスケーブルで接続されています。

「3D Touch」のセンサー等の追加により、ディスプレイのコンポーネントは、従来の60グラムから80グラムへと33%も重量が増しています。

iFixit、「iPhone 6s Plus」の分解写真を公開
image: iFixit

バッテリーの下にあるのが、 「3D Touch」のフィードバックに必要な振動を発生する「Taptic Engine」と呼ばれるパーツ。

iPhone 6sと同等もしくは大きな「Taptic Engine」かと思いきや、予想に反してより小さいものが内蔵されています。

6sのパーツは35 x 6 x 3.2 (ミリ)ですが、6s Plusのものは 15 x 8 x 4.9 (ミリ) とのこと。

iFixit、「iPhone 6s Plus」の分解写真を公開
image: iFixit

バッテリーパックは、引っ張ると伸びて剥がせる接着テープで固定されています。


あわせて読みたい

Touch Labの記事をもっと見る 2015年9月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。