積立投資って損じゃないの? そのメリットは何なのか

積立投資って損じゃないの? そのメリットは何なのか
拡大する(全1枚)

2018年1月から始まったつみたてNISAの制度や自分で年金の準備ができるiDeCo(個人型確定拠出年金)など、毎月の積み立てで資産形成をするための制度の知名度も上がってきました。実際に始めている人やそろそろ始めてみようと思っている人も多いのではないでしょうか。



投資はさまざまな要因で生ずる相場の動きに左右されるものです。では、2018年に積立投資をしていた場合のパフォーマンスはどうだったのでしょうか? また、積立投資をするメリットは何なのでしょうか?



■2018年に毎月積立投資をしたら?



もし、2018年に積立投資をしていたとしたら結果はどうだったのか、実際の相場を勘案して以下のような前提で計算しました。



  • 毎月1万円を2018年1月からTOPIXのインデックスに投資をする
  • 毎月末(営業日)のTOPIXの終値で購入(12月分は12月25日に購入したとする)
  • 総資産を計算するTOPIXの株価指数は2018年12月25日終値ベース
  • 売買手数料及び買付手数料は考えない
  • 信託報酬は考えない

毎月1万円積み立てることにより、年間では12万円を投資したことになります。また、毎月定額を積み立てるので、TOPIXの株価指数が上昇すると購入数量が減り、下落すると購入数量が増えることになります。投資の大原則ですが、株価指数の高い時に購入してそのあと下がれば含み損を抱えることになってしまいます。



2018年1月末のTOPIXは1837ポイントでしたが、12月25日には1416ポイントまで下落ました。結果として、2018年に投資した資産の合計金額はは9万9601円となり、投資金額合計の12万円と比べると約17%分の資産が減少していることになります。つまり、2018年から毎月積立投資をした人は残念ながら含み損を抱えるという結果です。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。