老後に備えるには「サラリーマン+副業」が最強!?

もちろん、少子高齢化の影響で同程度の年金を将来受け取れる保証はありませんし、受給年齢の引き上げも考えられるので、あまり楽観的な皮算用はできません。しかし、現時点ではサラリーマンの厚生年金は国民年金よりも恵まれていると言えるでしょう。また、自営業の場合はこの年金金額だけで老後を過ごすのは難しいでしょうから、現役の時にサラリーマン以上に老後資金を貯めておく必要もあります。



■起業やフリーランスは自由がある分リスクも大きい



”人生は一度きり”と考えると、起業やフリーランスで自分の好きな仕事を好きな場所でしたいと思う人も多いでしょう。筆者もその1人で、現在は独立し、幸い仕事は順調でストレスも会社員時代に比べて格段に減っていますが、やはり将来に不安は残ります。



上記の通り年金が少ないことに加えて、退職金もありませんし、病気で働けなくなった時のことを考えるとやはり「怖い」という気持ちはどこかにあります。そのため、万が一に備えて貯蓄は多めに用意する必要があると普段から意識しています。



その点、サラリーマンであれば、ある程度の年金が期待でき、退職金がある場合も少なくないでしょう。産休や育休の制度が整っている会社も増えつつあります。筆者が以前働いていた会社では病気などで休職中の場合も給料の7割を受け取ることができて、今思えば素晴らしい福利厚生だと感心してしまいます。そのため、独立した今思うのは、サラリーマンならではの恩恵を活かしながら、副業で好きなことに挑戦するのが最強なのではないかということです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。