モラハラ夫と離婚したい!と思ったときにすべきこと

「してもいい離婚」の例



  • 相手の借金問題で生活が追い詰められている
  • DVを受けている
  • 相手の不貞行為により、結婚生活に支障が出ている

このようなケースは、離婚後の生活が現状より良くなる可能性が高いと考えられます。その一方、以下のような場合は注意が必要です。



「しなくてもいい離婚」の例



  • 離婚後の生活に不安がある
  • 離婚後に後悔する気がする
  • 「ただ嫌いだから」といった感情だけで離婚を考えている

このような状況で離婚に至ると、あとになって「離婚しなければよかった」と感じることもあります。一時的な感情だけで判断せず、「離婚した方が確実に幸せ」と確信してから実行に移りましょう。



■モラハラの原因を探る



そもそも、なぜ夫がモラハラを行なうようになったのでしょうか。離婚を考えるだけでなく、原因もあわせて探っておきましょう。



夫のモラハラに悩んでいる方は、以下の項目に夫があてはまらないかチェックしてみてください。



親が過干渉だった

両親がしっかり過ぎていると、「ただ親の言うことを聞いておけばいい」という状態になってしまうことも。自分の失敗をすべて親がフォローしたり、言われるがままになっていたり。そうしているうちに、自分の感情をうまく伝えられないなど、「自分がなくなってしまう」危険もあります。



母親からの愛情不足

母親が育児よりも家事や仕事などに専念していた場合、「本当に愛されているのか」と不安に感じることもあります。そのように親にうまく甘えられなかったことで、精神的に不安定になってしまうことも考えられます。



自分で責任をとらない

翌日の仕事のことを考えずに深酒をし、翌朝は妻に起こされる…といったような「責任逃れ」を続けていると、いつまでも自制心を育てることができません。時には心を鬼にして、自分で考えて行動させるきっかけを与えるのも大切です。



■まとめ



夫のモラハラに悩んでいる方は、「自分の気持ち」と「モラハラの原因」を探ることから始めましょう。もう限界だ!と感じたら、周囲に相談することも重要です。両親や友人など、信用できる人に悩みを打ち明けることも視野に入れておきましょう。



編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク