最終赤字予想の吉野家HD、「値上げしない」は限界か

最終赤字予想の吉野家HD、「値上げしない」は限界か

2019年に120周年を迎えた牛丼チェーンの「吉野家」。同チェーンを展開している吉野家ホールディングス(吉野家HD)は、業績面で厳しい状況に置かれています。安くておいしい、温かい食事がいただけると定評のある吉野家ですが、今後において値上げはあるのでしょうか。業績資料などを基に見ていきます。



■売上高好調でも収益が苦しいワケとは



2019年1月10日に発表された2018年Q3累計(3-8月期)決算に公表された2019年2月期通期の業績予想は、(親会社株主に帰属する)当期純損益11億円の赤字が見込まれています。



年間売上高2000億円を誇る外食チェーンが赤字というだけでも驚きですが、吉野家HDは増収にもかかわらず赤字を余儀なくされています。



主な原因として、原価率の上昇や人件費の高騰が挙げられます。吉野家HDだけではなく、他の国内外食チェーンにおいても大きな課題となっています。



今後吉野家HDは、もはや構造問題といってもよい人件費高騰を乗り越えて、復活を果たす事ができるのでしょうか。



■売上高も増えるが、販管費もまた増える



吉野家HDの2018年3-11月期の売上高は、1500億円と前年同期比+2%増となりました。しかし営業損失は5億6200万円、純損益は15億5800万円の赤字です。店舗撤退などによる減損損失の発生や、人件費の高騰が響きました。



吉野家HDに限らず、直営店主体の上場外食チェーンの多くは増収基調にあります。「すき家」や「なか卯」などを展開するゼンショーホールディングスや「松屋」で有名な松屋フーズホールディングスなども、足元の「売上高」は好調です。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年3月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。