新時代・令和には日経平均株価の見直しが必須〜”日本代表”が揃わない株価指数

新時代・令和には日経平均株価の見直しが必須〜”日本代表”が揃わない株価指数

■平成の「日本株低迷」は大きな誤解



平成の30年間、日本の株式市場はどう動いたと思いますか? 多くの人は、”日本株は低迷した”、”日本株の回復の鈍さが目立った”、”日本株の出遅れが目立った”といったネガティブな印象を持っていると推察します。



実はこの認識、数字上では正しいように見えますが、大きな誤解とも言えるのです。



■平成の30年間における日経平均株価とNYダウを振り返る



「平成」が始まった1989年1月末と直近の価格(4月23日終値)について、日経平均株価と米国のダウ工業株30種平均(通称:NYダウ)を比較してみましょう。



<日経平均株価>



  • 1989年1月末:31,581円→2019年4月23日:22,259円(▲30%下落)
  • 最高値:38,957円、最安値:6,994円

<米国NYダウ>



  • 1989年1月末:2,342ドル→2019年4月22日:26,656ドル(+11.4倍へ上昇)
  • 最高値:26,952ドル、最安値:2,232ドル

改めて、驚くべき大差がついたことが分かります。この結果だけを見ても、日本株の低迷を証明するに十分と言えましょう。これはNYダウとの比較ですが、他の先進国株式(英国、ドイツ等)や中国を除く新興国株式(香港、インド、ブラジル等)でも、概ね似たような結果になります。



■実は東証の時価総額はバブル期を上回る過去最高記録!



一方、株式市場の「実力」を表す時価総額では違った結果となります。東証1部の時価総額は、2018年1月に約682兆円を記録し、バブル期(1989年12月の約590兆円)を上回りました。ちなみに、現在の時価総額はピークから約▲12%減少した約600兆円ですが、それでもバブル期を上回っています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2019年5月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。