ついに来る消費税増税と軽減税率実施。コンビニ弁当はどこで食べる?

ついに来る消費税増税と軽減税率実施。コンビニ弁当はどこで食べる?

平成が終わり、心機一転、新たな気持ちで令和を迎えている方も多いでしょう。この一大イベントで忘れがちですが、いよいよ2019年10月から消費税増税が行われます。



そして、この増税とともに導入される軽減税率制度。生活にかなり影響しますが、具体的に内容を理解している人は少ないのではないでしょうか? 今回は軽減税率制度が我々消費者にどのような影響を及ぼすのかを見てみます。



■軽減税率の対象は食料品と新聞



2015年10月、2017年4月と2度の延期が行われた消費税の増税ですが、三度目の正直で2019年10月の消費税増税は「リーマンショック級の何かが起こらなければ」予定通り行われると言われています。



消費税が2%上がれば家計はそれなりの出費増です。普通に生活をしていれば、消費税がかからない出費といえば、賃貸マンションやアパートで暮らしている場合の家賃や、生命保険料や自動車保険料、ローンの返済などです(海外旅行の渡航費なども消費税がかかりませんが、これはぜいたく品ですね)。これらも家計でそれなりの割合を占める支出ですが、これ以外の支出、一例として食費などには消費税がかかります。



たとえば毎日の食費を2,000円と決めているAさん。1カ月だと食費は6万円ほどです。消費税が8%なら6万円にふくまれる消費税は、およそ4,445円ですが、10%となるとおよそ5,455円です。約1,000円の出費増です。たかが1,000円と思えますが、年間にして12,000円の支出増はそれなりのものです。食費以外にも、趣味やデート、家族でのお出かけなど、いたるところで出費が増加してしまいます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2019年5月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「税金」のニュース

次に読みたい関連記事「税金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。