退職金ゼロが約3割…自分の退職金の額を知っていますか?

退職金ゼロが約3割…自分の退職金の額を知っていますか?

■退職金1500万円はなかなか高いハードル



3月、4月は年度末ということもあって1年のうちでも最も退職金の支給される比率の高い時期です。そこで65-79歳1万2000人アンケートから退職金のことを少し考えてみましょう。



皆さんはご自身の退職金の金額を知っていますか?



まずは退職金の実態を見てみます。前述のアンケートでは、退職金制度とその金額の把握の時期・方法に関する設問を用意しました。回答した1万816人の平均金額は1,517.7万円(中央値は1,519.3万円)で、よく言われる退職金の平均金額とあまり変わりませんでした。



しかし、その分布はかなり広いものです。「退職金制度がない」と回答した人は25.5%で、制度があっても「退職金が出なかった」との回答者と合わせると実に31.8%と3割超える人が退職金0円だったのです。



残りの7割の方も受け取った退職金の金額はかなりばらついています。500万円刻みで回答を集計すると、500万円未満が15.5%、500-1,000万円が7.8%など、ほぼどの区分も10%前後の比率に分布しています。ちなみに、平均である1,500万円を超える退職金を受け取ったのは、37.5%で全体の3分の1にとどまっています。



■退職が近づくまで退職金の金額を知らないのは美徳ではない



とはいえ、退職金は退職後の生活の大切な資金源です。にもかかわらずその金額を事前に把握している人は少ないように思えます。少し前の世代ならば「退職金は長らく働いてきたことへの報奨」といった意識が強くて、「その金額を確かめることは潔くない」といった考え方があったかもしれません。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年5月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。