100円ショップ・セリアの2019年4月既存店売上高は4か月ぶりのマイナス成長

■注目小売店月次実績シリーズ



100円ショップ・セリアの2019年4月既存店売上高は4か月ぶりのマイナス成長

シリーズでお伝えしている「注目小売店月次実績」。今回は100円ショップ「セリア」を展開するセリア(2782)の、2019年4月の月次動向及び過去実績、また過去1年の株価動向について振り返ってみましょう。



■直近の月次実績



2019年5月7日に更新されたセリアの2019年4月既存店売上高は対前年同月比97.2%となり、2020年3月期はマイナス成長からのスタートとなりました。



内訳としては客数が97.4%、客単価が99.7%でした。



対して、全社売上高は104.2%でプラス成長となっています。



■今期の既存店売上高の振り返り



では、同社のこれまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか。



既存店売上高は3月まで3カ月続けてプラス成長を維持しましたが、4月はマイナス成長に転じました。前期も上期はマイナス月が4カ月あるなど苦戦しています。



一方で、全社売上高は昨年度から全ての月でプラス成長を維持しています。



■過去1年の株価動向



最後に同社の株価動向を見ていきましょう。



同社株価は昨年1月の7,390円を天井に下落し、本年1月15日に3,100円の安値を付けました。その後は反転し、3月には4,000円目前の水準に到達しましたが、再度下落中であり3,100円の安値に迫りつつあります。



既存店売上高は前期も上期が苦戦しました。今期も4月はマイナス成長からのスタートであるため、上期の推移が注目されます。



セリアの過去1年間の株価推移



100円ショップ・セリアの2019年4月既存店売上高は4か月ぶりのマイナス成長

拡大する



参考資料:2019年4月度の月次売上高前年比について( https://www.seria-group.com/corporate/pressrelease/docs/seria_monthly_201904.pdf )、月次データ( https://www.seria-group.com/corporate/ir/monthly/ )



あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2019年5月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。