やっぱり上司や同僚に好かれたい!? 好感度がアップする行動・会話とは

やっぱり上司や同僚に好かれたい!? 好感度がアップする行動・会話とは

接客改善業務に携わっていると、「上司や同僚・後輩に好かれて、気持ち良く仕事がしたい」といったスタッフ同士の人間関係についても相談を受けることがあります。



とはいえ、ひと昔前によく問題になったサービス残業や職務後の過剰な「飲みニケーション」については、違和感を抱いている人も少なくありません。そこで今回は、労力を最小限に抑えながらも上司や同僚に好感を持たれる行動と会話パターンを3つ紹介します。



■陰で人を褒める



これは、心理学で言うところの「ウィンザー効果」を利用する方法です。



ウィンザー効果とは、「情報や効果について、直接的に本人や当事者から聞くのではなく、第三者などから間接的に聞いたほうが信じやすくなる」という効果のことを言います。



たとえば商品を買うときに、クチコミで判断する人が多いのも、ウィンザー効果が働いていると言えます。



占い師である本人が「私の占いは当たります」と言っても信じにくいけれど、誰かから「あの占い師って、良く当たるらしいよ」と聞くと「そうなのかも」と思ってしまうようなイメージです。



陰で人を褒めていると、人を介して本人に伝わることがあります。そのときに発揮されるのが、この「ウィンザー効果」なのです。



たとえば、あなたの後任となり、取引先のAさんに初めて会う後輩Bがいたとしましょう。



同僚Bに引き継ぐときには、「Aさんは無口な印象を受けるけど、実はとても話好きで、情に厚くて面倒見のいい人なんだ」と、Aさんの良い部分を伝えます。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年5月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。