エヌビディア、2四半期連続で低調な決算内容。ゲーム・データセンター需要低迷

■データセンター向けは顧客の投資中断が影響及ぼす



エヌビディア、2四半期連続で低調な決算内容。ゲーム・データセンター需要低迷

 GPU大手のエヌビディアが発表した2020年度第1四半期(19年2~4月)業績は、売上高が22.2億ドル(前四半期比1%増/前年同期比31%減)となり、2四半期連続で低調な内容となった。ゲーミングおよびデータセンター向けの需要減に加え、仮想通貨向けの落ち込みがこれに拍車をかけた。



■2四半期連続で30億ドル割り込む水準



 同社の四半期業績は、19年度第3四半期(18年8~10月)まで3四半期連続で30億ドルを超える売り上げ水準が続いていたが、18年初頭から仮想通貨需要が大きく減少したことに加え、直近2四半期ではゲーミングおよびデータセンター向け売上高が減少している。



 分野別でゲーミングは同11%増/同39%減と、前年同期比で大きく減少しており、一時の勢いがない。データセンター向けは同7%減/同10%減となり、同社によれば、一部のハイパースケーラーならびに、クラウド顧客の投資中断の影響を受けたとしている。



■20年度通年見通しは横ばい~微減



 第2四半期(5~7月)は売上高が25.5億ドル(±2%、中心値で前四半期比5%増/前年同期比18%減)を見込む。ハイパースケーラーならびにクラウド顧客の投資中断の影響は5~7月期も続く見通しだという。一方でゲーミングは増収を見込んでおり、19年度第4四半期を底に回復基調にある。20年度通年の売上高見通しは、前年比で横ばい、もしくは微減を見込んでおり、売上高は下期偏重になるとコメントした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2019年5月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。