欧州議会選で中道親EUの主流派が退潮。高まる議会運営の難易度

欧州議会選で中道親EUの主流派が退潮。高まる議会運営の難易度

5月27日の欧州議会選挙(定数751)では、これまで欧州議会を主導してきた中道右派の欧州人民党(EPP)と中道左派の欧州社会・進歩同盟(S&D)の2党が議席を大幅に減らし、2党の連立による過半数支配が崩れる結果となりました。



■リベラル派・環境派が躍進、反EU勢力は多数派工作に動くが…



躍進したのは、リベラル派や環境派と言われる勢力です。リベラル派全体では今回40議席余り増やして第3会派に躍り出ました。マクロン仏大統領が率いる「共和国前進」党も初めて議席を確保して計21議席を獲得し、リベラル派を主導することになると見込まれます。EU企業の保護や温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定の順守を公約に掲げた環境派の議席も52から69に増えました。



選挙前には勢力の拡大が予想されていたナショナリズムを掲げる反EU派も、改選前よりも議席数を伸ばし一定の存在感を持つようになりました。暫定集計によると、反EU勢力は170議席余りを獲得し、全体に占める議席の比率は改選前の20%から23%に上昇しました。しかし、予想ほどに議席数が増えなかったということも事実で、反EU派だけで多数を占めるというには遠い状況です。



反EU勢力も多数派工作に動いてはいます。イタリアの極右政党「同盟」を率いるサルビーニ副首相は、仏「国民連合(RN)」や英「ブレグジット党」、ハンガリーのオルバン首相(右派)などと協議していることを明らかにし、欧州議会で150人の議員グループの立ち上げを目指すと述べました。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら