公共の場で子どもが注意されて感じた「落ち込む言い方」と「ありがたい言い方」

公共の場で子どもが注意されて感じた「落ち込む言い方」と「ありがたい言い方」

電車や飲食店など、公共の場に子連れで出かける時はひやひやする、という親は多いのではないでしょうか。筆者もその一人です。



特に最近、そういった場所で子どもの行儀や親の対応について、いろいろと言われてしまうことが増えてきました。我が子の4歳という年齢のためか、そういう世の中になってきたからなのか……もちろん、こちらに非があることは大前提なのですが、「ありがたく、申し訳なく思う」言われ方と、「悲しくなる」言われ方に、明確な違いがあることに気づきました。



■チクリとした独り言は、子どもには届かない



まず「悲しくなる」言われ方は、子どもや親に直接言わずに、独り言のようにつぶやかれたり、周りの人に聞こえよがしに話されたり、吐き捨てるように言って立ち去られたりする場合です。



ある日、電車で我が子が「座りたい」とぐずりはじめました。座席は埋まっていたので、どうにかなだめていると、近くの席が空きました。そこで座らせたのですが、座席からずり落ちるような姿勢です。「お行儀が悪いし、余計に疲れるよ。そんな座り方なら、座らなくていいんじゃない?」と言ったところ、近くにいた男性が「そうだね。座らない方がいいね」とボソリとつぶやいたのです。



こちらを見ることもなく言われたので、最初は誰に向けられた言葉なのかもわからず、我が子にも聞こえておらず……。すでに我が子は座り直していたので、その場にはモヤモヤする空気だけが流れ、結局、男性に同行していた女性が気まずいと思われたのか、2人は別の車両に移っていきました。男性は、自分が座りたかったからああいうことを言ったのかな?とも思うのですが、真相は謎です。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。