やっぱり苦い経験が投資を避けさせている〜数字で見る高齢者の投資行動

やっぱり苦い経験が投資を避けさせている〜数字で見る高齢者の投資行動

■高齢者の3分の2が投資経験を持つ



高齢者ほど金融資産を多く保有しているため、投資をしている人の比率も高いといわれます。実際に65-79歳11,960人を対象にした「高齢者の金融リテラシー調査」(2018年12月実施)では、42.9%が「投資をしている」と回答しています。20-59歳の現役世代サラリーマン1万人アンケート(2018年)では、投資をしている人は33.9%でしたので、高齢者の方が10ポイントほど高くなっています。



さらに、高齢者の22.8%が「過去に投資をしていたが今は全く投資をしていない」と答えていますので、合わせると3分の2が投資経験を持っているわけです。これは高齢者の大きな特徴といえるでしょう。もちろん、保有金融資産の多い人ほど投資をしている人が多く、金融リテラシーの高い人ほど投資をしている人が多いこともわかりやすい特徴です。



■あと10年くらい投資を続けたい―投資をしている人42.9%



投資をしていると回答した5,127人にいつまで投資を継続したいかを聞いたところ、平均値は80.5歳でした。これを年代別に分析すると、60代後半で10年強、70代前半で9年程度、同後半で7年強といったところで、それぞれあと10年前後を投資期間として想定していることがわかります。



また「あればいいと思う金融商品」を聞くと、ローリスク/ローリターンの金融商品(22.2%)、定額で受け取れる毎月分配型投資信託(20.7%)、老後の後半の収入を確保できる保険商品(15.2%)が挙げられています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら