貯蓄4000万円以上と300万円未満が16%という衝撃!60歳以上世帯の貯蓄格差

貯蓄4000万円以上と300万円未満が16%という衝撃!60歳以上世帯の貯蓄格差

金融庁の、老後資金は年金プラス2000万円の蓄えが必要という提言が話題になっています。年金不安が増す今だからこそ、老後に向けた貯蓄は積極的に行っておきたいところ。とはいえ、「どのように貯めていけばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、老後貯金に関するデータやヒントをお伝えします!



■高齢者世帯の貯蓄格差は拡大傾向



そもそも、いまの高齢者世帯はどのくらい貯蓄があるのでしょうか。総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2018年(平成30年)平均結果―(二人以上の世帯)( https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/index.html )」をもとに、高齢者世帯の貯蓄状況をみてみましょう。



この調査の結果、2人以上世帯のうち高齢者世帯の割合は51.2%であることが分かりました。なお、総務省は「二人以上の世帯のうち世帯主が60歳以上の世帯」のことを「高齢者世帯」と定義しています。



そして、高齢者世帯だけの貯蓄現在高の平均値は2284万円、中央値は1515万円でした。また、貯蓄現在高が4000万円以上の世帯は16.6%、2500万円以上の世帯は32.3%も存在します。



一方、15.9%の世帯の貯蓄現在高が300万円未満である点も見逃せません。これらをふまえると、高齢者世帯の貯蓄には大きな格差があるといえるでしょう。



■老後資金はどうやって増やす?


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら