令和初のボーナスは増加傾向?公務員・民間企業のボーナスを調査!

令和初のボーナスは増加傾向?公務員・民間企業のボーナスを調査!

毎月の給料はもちろん、夏と冬に支給される賞与(ボーナス)を楽しみにしている人はとても多いと思います。仕事のモチベーションにつながる重要なボーナスですが、ほかの会社ではどのくらい支給されているものなのでしょうか。ボーナスの情報についてまとめてみました。



■賞与(ボーナス)と給与(賃金)の違いは?



まず、毎月の給与と賞与との違いは何なのでしょうか。労働の対価という意味ではどちらも同じですが、実は賞与については企業側に法的な支払い義務がないという違いがあるのです。給与については労働基準法で厳しく定められていますが、賞与(ボーナス)については社内の賃金規定に基づいて支払われる独自のものなのです。給与の一種となるため所得課税対象であり、社会保険料の天引きもされていますが、あくまで社内規定により受け取ることのできるお金なのです。



■支給月数とは



賞与(ボーナス)の金額は、一般的に月給に対する支給月数で算出され、月数は企業ごとに決められています。年間5カ月分という支給の場合、夏2カ月分・冬3カ月分というケースや、夏・冬2カ月分で年度末に1カ月分というケースもあります。また民間企業の場合、賞与は前年度の業績に左右されやすいため、その年の支給月数が春先に変更されることもあります。転職を検討している場合は、賞与を含めた年収ベースで給与を確認してみましょう。



■公務員、大企業、中小企業、それぞれのボーナスの実態は


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。