「ハーフの子を産みたい方に。」炎上と「男ウケ意識してる?」の呪縛について思うこと

「ハーフの子を産みたい方に。」炎上と「男ウケ意識してる?」の呪縛について思うこと

先日、銀座にある老舗呉服店「銀座いせよし」が2016年に公開した広告ポスターが、ツイッターを中心に批判を集めました。着物を着た女性の横にあったのは「ハーフの子を産みたい方に。」という文字。現在、銀座いせよしはこのコピーの掲載を取りやめていますが、今なお各メディアではさまざまな関連記事が掲載されるなど余波が続いています。



■着物を着れば外国人がナンパしてくる?



「銀座いせよし」のポスターに使われたコピー表現は、特に差別的だと多くの人が怒りの声をあげた「ハーフの子を産みたい方に。」のほか、「着るという親孝行もある」「ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる」「着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる」の4つ。



これらのコピーに対しツイッター上では、「着物を着れば年収の低い日本人ではなく年収の高い外国人がナンパしてくるということ?」、「着物を着た女性なら男性はチヤホヤしてドアも開けてくれる。だから着物を着ようだなんて、とんでもないメッセージ」といった否定的な意見が散見されています。



そして、波紋を呼んだのはその差別的な表現だけが理由ではありません。このコピーが日本を代表する有名広告代理店・博報堂の女性コピーライターが作ったものであること、さらには広告業界における新人賞でもある東京コピーライターズクラブで新人賞を受賞したこと。



昨今炎上する広告表現は、「男性が女性を差別的に描く」といった構図で批判の的になることが多かったものの、今回は違います。批判や怒りの声の中には「同じ女性なのにどうして…」といったがっかり感も多く混じっていたように感じました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月30日の経済記事
「「ハーフの子を産みたい方に。」炎上と「男ウケ意識してる?」の呪縛について思うこと」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    差別は、外形的には「被害者と加害者の関係の問題」のように見えるが、もちろん本質はそんなものではない。だから、被害者とされるカテゴリーの人の中にも、普通に差別的価値観や偏見が存在する。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。