初心者ママ・パパの休暇とお金事情〜ニュージーランドの育児補助金・休暇制度

■倹約生活も悪くない?



初心者ママ・パパの休暇とお金事情〜ニュージーランドの育児補助金・休暇制度

子どもが生まれて家族が増えるのはうれしいことです。その一方で赤ちゃんとはいえ、新たに1人が加わった生活はカップル2人きりの時とはいろいろな面で違ってくるもの。特に産後や育児に伴う休暇や、支給される補助金は気になるところです。



ニュージーランドのカップルもそれは同じ。ほかの先進国と比べて有給育児休暇制度が整っているとは言えないので、なおさらです。しかし実際、制度上与えられた枠組みの中で、工夫を凝らし、シンプルな生活を送ってみるとそう悪くないもの。新しい家族としての価値観が生まれるきっかけにもなり得ます。



■子どもを主に面倒見る親の休みは22週間



ニュージーランドで子どもが生まれた時に与えられる休暇には、「プライマリー・ケアラー・リーブ(主たる保育者のための休暇)」と、「パートナーズ・リーブ(パートナーのための休暇)」があります。



これは「マタニティー・リーブ(出産休暇)」でも、「パタニティー・リーブ(父親の育児休暇)」でもないのです。つまり、子どもの面倒を主に見るのは、必ずしも出産した母親とは限らないというわけです。「パートナー」という言葉を使うのも同様の理由から。性別による役割分担があまり明確ではない、この国の社会の特徴が見てとれます。



とはいえ、やはり当地でも子育てに専心するのは母親というケースが大半です。生まれる前からずっと一緒だった母親の方が先に赤ちゃんとの絆が生まれるものですし、出産で疲れた体のまま仕事をするのは難しいからです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。