親に抱きしめられなかった第一子。親の後悔、子の思い

親に抱きしめられなかった第一子。親の後悔、子の思い

■嫌いじゃないのに、どうしても親にさわれない



以前、旅の雑誌で地方取材に同行したカメラマンと、子育てについて話をしたことがあります。彼は、10人弟妹の長男として育ったそうです。



「どうしてもさわれないんだ。年寄りだからというわけでもなく、なんとなく汚いっていうか、他人みたいな感じがするというか……。とくにケンカしたことがあるわけでも、嫌いなわけでもないんだが」



彼が言う「さわれない」人とは、両親。父親も、母親も、さわれないのだそうです。2泊3日の取材旅行の間、とくに潔癖症や気難しいという印象は受けませんでした。もちろん性格が暗いということもなく、どちらかといえばさわやかで好感度の高い人物だったと記憶しています。



「妹たちからは、『お兄ちゃん、冷たい』って言われるし、自分でも親に申し訳ない気がしてはいるんだけど、どうしてもさわれない。弟や妹たちとは平気でじゃれあったりできるのになぁ」



弟妹とは仲がよいそうで、独立して各自が家庭を持った現在でも頻繁に交流しているそうです。親の家にも年2回の帰省のほか、冠婚葬祭などには可能な限り出席。長男としての責任はきちんと果たし、両親とも普通に会話はしているのだと言います。それなのに、さわることだけはどうしてもできないのだと繰り返します。



■「親に抱かれた記憶が、まったくない」



彼は当時30代半ば、2人の息子の父親でした。日ごろから、できるだけ息子たちと接するように心がけているそうです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。