え!? 日本は世界で最も儲かっている国のひとつだった!

え!? 日本は世界で最も儲かっている国のひとつだった!

中国やアジア諸国の追い上げで、日本は経済的にその地位を脅かされているような気がします。たとえば、中国の経済成長率は下がったといっても年率6%を超えていますし(日本は1%そこそこ)、台湾やシンガポールには金持ちがゴロゴロ…なんて話を聞くと、なんか自信を失っちゃいますよね。



ところが、国を“会社”と見立てて比べてみると、日本のスゴイ一面が見えてきます。今回はそんな話です。



■国をバランスシート(貸借対照表)で考えると、日米は“債務超過”



儲かっているかどうかを企業で考えると、黒字かどうかということですね。売り上げからいろいろな費用を除いて、お金が残っているのなら黒字です。世の中には、1年だけ儲かった一発屋というのも数多く存在しますが、国が健全に運営されるには1年だけではダメです。継続的に黒字で、それがうまく引き継がれて再投資され、また黒字を継続するというのが理想ですね。



ところが、財布にはお金が入ってきても、借金ばっかりと言うこともありえます。ということで、まずは世界経済のビッグ3である、米国、中国、日本のバランスシートを見ていきましょう。



図表1:米国、中国、日本のバランスシート



え!? 日本は世界で最も儲かっている国のひとつだった!

拡大する



出典:米国はBureau of the Fiscal Service、中国はBIS、日本は財務省のデータを参照




ありゃ? にわかには信じられないデータですが、中国が大幅な資産超過で、米国と日本は債務超過になっています。中国のバランスシートが日米の倍以上というのも信じられませんが、中国の資産の半分程度は金融資産以外で国が保有している資産です。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。