高収入女子の有配偶率と葛藤、現代では「理想の女性」?

高収入女子の有配偶率と葛藤、現代では「理想の女性」?

女性の社会進出が進む現在では、「女性の収入の方が上」というカップルも珍しくありません。



しかし、「男性は女性より収入が高い」というイメージもまだまだ根付いているのが現状です。



そんな状況の中、自分より収入が少ない彼氏と付き合っている女性には、さまざまな葛藤があるようです。その複雑な気持ちをのぞいてみましょう。



■高収入女子は結婚できない!は本当?



労働政策研究・研修機構の『若者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状』(2014年)によると、25~29歳の女性の有配偶率(在学者除く)は全体で34.5%となっていますが、個人年収別では50~99万円がもっとも高く55%となっています。



600~699万円だと12%、700~799万円だと26%となっており、平均以下という結果に。



これは30~34歳の女性においても同様で、平均有配偶率は59.6%となっており、50~99万円がもっとも高く77.7%となっています。



600~699万円はわりと高く51.5%となっていますが、700~799万円は15.1%と下がっています。しかし900万円以上になると51.5%とまた高くなりますが、平均以下という状態は変わりません。



これが男性になると、25~29歳の平均有配偶率は26%ですが、900万円以上は54.7%と2倍以上になっています。30~34歳の平均有配偶率は50%ですが、900万円以上は78.4%です。



これは、家事・育児を主に女性が担うことが多いことや、家事・育児と仕事の両立が難しいという社会的な背景も影響があるでしょう。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら