「貯蓄1000万円」or「年収1000万円」どっちを目指す?それぞれの生活を解説!

「貯蓄1000万円」or「年収1000万円」どっちを目指す?それぞれの生活を解説!

「貯蓄1000万円」と「年収1000万円」、あなたはどちらに魅力を感じますか?



同じ「1000万円を得ている状況」でも、「貯蓄1000万円」と「年収1000万円」では大きな差があります。



ストックかフローかの違いでどちらもうらやましく感じる状態ですが、それぞれの生活について、リアルな目線で解説していきます。



■貯蓄1000万円あれば安心、とは限らない



総務省統計局が2019年5月に公表した『家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)( https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/index.html )』によると、1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は1752万円となっています。



そのうち、勤労者世帯(二人以上の世帯に占める割合54.3%)の貯蓄現在高は1320万円と、いずれも1000万円を超えています。



ここで、年間収入階級別の貯蓄現在高を見てみましょう。(「2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別 貯蓄現在高」の表を参照)



「貯蓄1000万円」or「年収1000万円」どっちを目指す?それぞれの生活を解説!

拡大する



2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別 貯蓄現在高(出典:総務省統計局の資料を参考に編集部作成)



年間収入600万円までは、年間収入に比例して貯蓄できているわけではありません。しかし年間収入600万円以上になると年間収入に比例して貯蓄は増加傾向にあります。



貯蓄1000万円は、年間収入600万円で達成可能なようです。また年間収入400~450万円は貯蓄902万円と、年間収入450~500万円よりも貯蓄額が高くなっています。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら