年金プラス2000万円必要説に世論は?老後に向けて今からできる貯蓄術

年金プラス2000万円必要説に世論は?老後に向けて今からできる貯蓄術

6月3日、金融庁が「年金プラス2000万円必要」と示して以来、多くのメディアが老後に向けた貯蓄について取り上げています。確かに「2000万円」というのは、かなりインパクトのある数字。焦りを感じた方もいれば、いまひとつ実感がない、という方もいるかもしれません。



そこで今回は、老後に向けてお金を貯める際に知っておきたいデータや、貯蓄がうまくいきやすいコツをお伝えします。



■老後2000万円問題への反応は?



ことの発端は、2019年6月3日に金融庁が発表した『市場ワーキング・グループの報告書「高齢社会における資産形成・管理」( http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603.html )』。



このなかで「高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円となっている」「収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20年で約1300万円、30年で約2000万円の取崩しが必要になる」といった提言がされたのです。



これに対し、「各自で2000万円を用意しておかなければならないのか」「年金はどうなったんだ」という批判が殺到。7月2日には、審議会の報告書をまとめた担当局長が退任する事態となりました。



この騒動に、世間の人々はどのような印象をもったのでしょうか。総合旅行プラットフォームを運営する㈱エアトリが実施した『「老後の貯金」に関するアンケート』(10~70代の男女959名対象、2019年6月実施)を見てみましょう。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら