有機EL材料首位の米UDC、今期2度目の上方修正

■4~6月期は売上高2.1倍に



有機EL材料首位の米UDC、今期2度目の上方修正

 有機EL用燐光発光材料メーカーのユニバーサルディスプレイコーポレーション(UDC、米ニュージャージー州)は、2019年通期の売上高見通しを、3.45億~3.65億ドルから3.7億~3.9億ドルに引き上げた。上方修正は1~3月期に続いて2度目。中国での有機EL生産拡大が寄与する見込みだ。



有機EL材料首位の米UDC、今期2度目の上方修正

拡大する



■中国向けに発光材料の売り上げ伸長



 先ごろ発表した19年4~6月期の業績は、売上高が前年同期比2.1倍の1億1817万ドル、営業利益が同4.5倍の4866万ドルとなった。売上高は四半期ベースで過去最高となった。



 売上高1億1817万ドルのうち、発光材料の売上高は同2.1倍の7633万ドルと大きく伸びた。このうち、黄緑色を含む緑色発光材料の売上高は6020万ドル(前年同期は2570万ドル)、赤色発光材料の売上高は1600万ドル(同1090万ドル)で、両材料ともに販売が大きく増えた。



 売上高の地域別構成は、韓国が5876万ドルと約5割を占めたが、中国が5497万ドルと約47%を占めるまで拡大し、韓国に迫った。韓国のLGディスプレー(LGD)が中国広州で間もなく稼働予定のテレビ用8.5世代(8.5G=ガラス基板サイズ2200×2500mm)工場向けなどが寄与したもよう。また、BOE(京東方科技)とみられる中国FPDメーカーの売上構成比は前年同期の9%から24%に上昇し、BOEの生産量が増加してきたことをうかがわせた。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年8月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。