国内の金価格が史上最高値に迫る勢い。今が売り時?

国内の金価格が史上最高値に迫る勢い。今が売り時?

■海外市場で金価格の上昇が続く、ついに約6年4カ月ぶりの高値



金(ゴールド)価格の上昇が続いています。海外市場では8月7日に1,506ドル(1トロイオンス当たり、以下同)を付け、約6年4カ月ぶりの1,500ドル超えとなりました。その後も堅調に推移し、8月14日に1,513ドルまで上昇。また、米国株の急落を受けた8月15日のNY先物市場では一時1,532ドルまで急伸しています。



金価格はFRBによる利上げ実施が続いた昨年8月に1,178ドルまで下落した後、利上げ実施の見送りを受けて今年2月には一時1,343ドルまで上昇していました。その後は短期調整したものの、6月に入ってから再び上昇し始めて、冒頭に記した高値に至った次第です。



昨年8月の安値から見ると、実に+28%超の上昇となり、資産価格上昇という観点では他の資産(株式、債券、原油、他の貴金属など)を凌駕するパフォーマンスを示していると言えましょう。



なお、海外価格はNY先物市場を除き、全てLBMA(London Bullion Market Association)のPM価格を指します。



国内の金価格が史上最高値に迫る勢い。今が売り時?

拡大する



■この1カ月で大きく変化した金価格の上昇要因



金価格が約6年半ぶりの高値を付けるまで急騰した背景には、1)FRBによる利下げ実施への強い期待感(ドル安懸念)、2)中近東のイラン情勢を始めとする地政学リスクの高まり、3)米中貿易摩擦問題の長期化に伴う世界景気減速懸念(リスクオフ)、などが挙げられます。ただ、この1カ月間で上昇要因は大きく変化したと思われます。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら