リゾートブームの北海道や沖縄で民宿経営? そんな簡単じゃありません

リゾートブームの北海道や沖縄で民宿経営? そんな簡単じゃありません
拡大する(全3枚)

2019年に入って、世界的に株価はドッタンバッタン、おまけに金利も下落傾向で、プロでもどこに運用すべきか頭を悩ます状況です。最近では金価格も上昇し、現物資産への投資も話題になっていますね。



現物資産の代表格は不動産、特に日本人が大好きなのは土地です。土地自体はそれだけで収益を生むわけではありませんが、マンションやホテルを建てることで収益物件になりますので、バブル崩壊後でも場所が良ければ需要が高く、場所によっては価格も上がりやすいのです。



もっとも、そういった土地は値上がり前に目をつけなければ割安に購入できませんから、不動産投資を目論んでいる場合は、目利きとしての能力がかなり必要になるでしょう。



■公示地価上昇率トップ1位、2位の町



さて、土地といえば東京銀座の鳩居堂前の地価がよく取り上げられますが、銀座がある東京都中央区の土地はさすがに高く、1平方メートルあたり822万円、1坪換算(3.3平方メートル)では2717万円です。畳2枚分の土地が2717万円ということですね。



ところが、地価の上昇率で見れば、なんと北海道の倶知安町(くっちゃんちょう)がトップです。図表1は全国市町村別土地価格前年比上昇率のトップ10ですが、北海道と沖縄県で9か所を占め、東京都は台東区の1か所のみです。



図表1:全国市町村別・土地公示価格前年比上昇率ベスト10



リゾートブームの北海道や沖縄で民宿経営? そんな簡単じゃありません

拡大する



出所:「土地データ」より筆者作成



倶知安町はスキー場で有名なニセコを抱え今や世界的なリゾート地となりましたが、筆者が約10年前滑った際にもオーストラリア人と中国人スキーヤーがたくさんいました。


この記事の画像

「リゾートブームの北海道や沖縄で民宿経営? そんな簡単じゃありません」の画像1 「リゾートブームの北海道や沖縄で民宿経営? そんな簡単じゃありません」の画像2 「リゾートブームの北海道や沖縄で民宿経営? そんな簡単じゃありません」の画像3

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。