JR北海道はどうなる? 決算に見る赤字からの復活ストーリー

JR北海道は平成30年度の決算で当期純利益ベースで3期連続赤字となりました。地震などの天災で追い打ちをかけた格好ではあるものの、JR北海道は経営的に非常に厳しい立場に置かれていることが過去の決算から分かります。



■北海道新幹線の巨額赤字も見過ごせない



既に人口減少社会はよく話題に上りますが、北海道は特にその影響を強く受けています。JR北海道の業績悪化もまた、沿線人口の減少の影響を抜きに語ることはできません。



しかしながら公的な交通手段としての役割も有するJRですから、人口減少で不採算路線となったからと言って簡単に廃線はできません。



更にJR北海道として重いのが、北海道新幹線の赤字です。JR北海道が開示している「線区別の収支」によれば、18年3月期の北海道新幹線は99億円の営業損失。17年3月期の54億円の赤字が拡大しています。



また北海道新幹線の並行在来線の赤字も2018年3月期には86億円発生しており、このようにJR北海道は北海道新幹線関連で150億円近い赤字を計上しています。



2018年3月期の数字だけ見れば、JR北海道の赤字は北海道新幹線の赤字がなければ少し「マシ」な状況とはいえるでしょう。平成29年度(2018年3月期)のJR北海道の単体の営業損失は525億円、また連結では416億円となっており、北海道新幹線を除いても収益の状況は厳しいですが、北海道新幹線は収益の足を引っ張っているといわれるのも仕方がないといえるでしょう。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。