日本人の平日1日あたりの夫婦時間は1時間!? 多忙な共働き夫婦がすれ違わないために

また、多くの場合妻より収入が高い夫の方も、一家の大黒柱として仕事に励むプレッシャーから、一日が終わると精神的にぐったりという人も多いよう。妻に協力してあげたいけれど、現実問題そこまでたどり着けない、そんな実態もあるといいます。
このようにお互いが疲れ果てた結果、二人で過ごす時間は必然的に減っていき、夫婦で向き合う時間が減っていってしまっているようです。これは、お互いの考えや価値観に違いが生じやすくなり、夫婦にとって黄色信号ともいえる状態でしょう。



■日常に燃え尽きないためにできる工夫



それでは、現在の日本人共働き家庭では夫婦の時間を捻出することは不可能なのでしょうか。忙しい毎日でやりきれなかった家事や育児が頭に残りながらモヤモヤ眠りにつく、なんてことは心にもよくありません。以下は、実際に有職主婦がおこなった「時間を捻出するためのテクニック」です。



・朝5分活動:集中力の高い朝は、夕方のバタバタに備えるのにもってこいの時間です。子どもが起きてくる前の少しの時間を利用し、「その日の1家事」を行います。トイレ掃除、キッチン周り、野菜のカット、など毎日変えていくことで、溜まってしまった部分が解消されていきます。キッチリ5分でなくても、好きな曲1曲分行うだけで気分がスッキリしてきます。



・スキマ時間に仕えるタスク表を作る:子どもの調子によって、忙しい日常の中にふとした時間が生まれることがあります。そんな時間ができたときに活用できる、「タスク表」。例えば5分でできる「ごみをまとめる」「たまった明細書に目を通す」といったものや、10分利用した「冷蔵庫の整理」や「アイロンがけ」など。可視化しておくことで無駄な時間が省けます。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。