月10万円の貯蓄で安心?節約すれば大丈夫?将来必要なお金のほんとの話

月10万円の貯蓄で安心?節約すれば大丈夫?将来必要なお金のほんとの話

老後資金として2,000万円が必要だと言われていますが、ほかにも教育資金や住宅資金など何かとまとまったお金が必要です。皆さんはどれくらい準備し、お金を増やす工夫をしているでしょうか。給与明細や通帳を見つめて不安になる前に、やれることはいろいろあります。



この記事では『書けばわかる!節約・預金だけではもったいないわたしにピッタリなお金の増やし方』(翔泳社)から、人生に必要な三大資金がどれくらい必要なのか、そして節約と預金だけではとても足りないという現実について解説します。



■人生に必要な三大資金は、1億円超という現実



人生の三大資金と呼ばれるお金があります。「教育資金」「住宅資金」「老後資金」の3つです。これらは、普段の家計のやりくりとは別に、しっかり計画を立てながら積み立てないと間に合いませんよ、というお金です。



例えば教育資金は、子ども1人につき大学を卒業するまでに2,000万円ほど必要といわれていますが、高校までは家計の中で賄える範囲で教育進路を考え、大学の費用として600万円程度を貯蓄で準備するというのが現実的でしょう。子どもが2人だと1,200万円です。



住宅資金は、金利の動向に左右されます。同じ4,000万円を35年ローンで借りたとして、金利が8%だったころは、月の返済額28万4,104円、返済総額1億1,932万3,827円と住宅だけで1億円超えでした。しかし、現在の35年ローンの金利は2%程度ですから、月の返済額13万2,505円で返済総額は5,565万2,145円と以前と比べると、約半分の負担で済みます。それでも借りたお金4,000万円に対して利息が1,565万2,145円ですから、やはり大きなお金です。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年9月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。