「子育ては体力勝負」って具体的にどんなところ? 3児の母の体験談

「子育ては体力勝負」って具体的にどんなところ? 3児の母の体験談

巷でよく言われる「子育ては体力勝負」というフレーズ。一言で言ってしまうと簡単ですが、実際に体験すると「これほどしんどいとは…」と肩を落とす場面もあります。実際に何がどれほど大変なのか、3児子育て中の筆者がご紹介します。



■赤ちゃんは重い。さらに意志がプラスされると…



ママが赤ちゃんを抱っこするのは、当たり前の光景。その赤ちゃん、生まれたときは約3キロ前後、半年で約7~8キロ、1歳で約10キロ、2歳で約13キロになります。重さだけでみれば、かなりのものでしょう。



1人目は「立って抱っこを1~2時間してくれなければ眠れません」というタイプだったので、産後の骨盤が戻らずあちこち体の痛い中、毎晩2時間立ちながら抱っこをしていました。



他にも、授乳やおむつ替えは、昼夜問わず1~3時間ごと。そのたびに重い赤ちゃんを動かすので、「産後腱鞘炎になった」とよく聞きます。



現代の抱っこ紐は機能的とはいえ、1時間も抱っこしながら歩けば、腰や肩が痛み始めます。「子どもから目が離せないからおんぶをしながら家事」は育児あるあるですが、10キロ近い赤ちゃんをおんぶしながら料理に洗濯物は辛いところ…。筆者も腰痛と肩こりには悩まされました。



ただ重いだけでも負担ですが、さらに「意志」がプラスされると大変なことになります。赤ちゃんは7~8か月頃になると色々なものに興味を出して動いたり、1歳近くになれば抱っこ紐から抜け出そうとします。1歳半を過ぎればイヤイヤ期が始まり、泣いたり暴れることも。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年11月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。