退職金は期待できない!「自助」が求められる時代、必要な「お金の知識」とは

退職金は期待できない!「自助」が求められる時代、必要な「お金の知識」とは

2019年に金融庁が発表した「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書( https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603.html )」。その中で、「老後は年金だけでは生活費が平均で2,000万円足りなくなる」という内容が話題になりました。その後「議題としない」ことを決定し、事実上の撤回となりました。



しかし一連の報道から、自分は大丈夫かな?と不安になった人も少なくないですよね。そこでこの記事では、みんなが老後までにどのくらいお金を貯めているのか、そして、どうやって老後資金を貯めていけば良いのかを紹介していきます。



■実際に貯蓄ができるようになるのは40代以降



総務省は2019年5月17日、「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)( https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/index.html )」を発表しました。これによると、2人以上の世帯における貯蓄現在高の平均は1,752万円、負債現在高の平均は558万円となっています。



1,752万円という金額を見ると「そんなに貯めているの?」と焦ってしまうかもしれませんよね。でも、1,752万円はあくまで平均値なので、それを下回る世帯もあります。



調査報告を見ると、その割合は67.7%と約3分の2を占めています。また、100万円未満の世帯も11%という結果になっています。平均値1,752万円を下回る世帯が3分の2を占めるにも関わらず、1,752万円という数値が出たのは、現在の高齢者の貯蓄が平均を押し上げたからです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年11月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。