やっぱり日本株より世界株のほうが有望。なぜそう言えるのか?

やっぱり日本株より世界株のほうが有望。なぜそう言えるのか?

今回も最初に断っておきますが、筆者は日本株(個別銘柄)に投資しており、日本企業の将来性に期待をしている一員です。決して日本株がダメと言っているわけではありません。また、直近は世界的に株価が堅調だから相場観を話そうとしているわけでもありません。



しかしながら、本稿では、あくまで相対的に判断して日本株より世界株の方が有望である、という考え方をお伝えしたいと思います。



■各国GDPトップ10を俯瞰する



図表1は、GDP(国内総生産)が大きい国順に、20年前と現在(2018年)のランキングとシェアを抽出したものです。



図表1:GDP(国内総生産)ランキング・シェア



やっぱり日本株より世界株のほうが有望。なぜそう言えるのか?

拡大する



出典:GLOBAL NOTE( https://www.globalnote.jp/ )



このデータよれば、過去20年間でGDP総額とシェア1位をずっと維持しているのが米国です。次いで20年前はイタリアの後塵を拝していた中国が急伸し、足元では金額でもシェアでも2位に上がってきています。日本のランキングは2位から3位に後退し、金額ベースでは中国に追いつくには差が拡大し、ドイツにやや追い上げられている感があります。



米国の世界経済におけるシェアは4割弱をキープしており、中国の減速が伝えられている中、盤石であることは否めないでしょう。加えて欧州勢もあまり目立ちませんが、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア4か国合計のGDPは約1300兆円と日本の2.3倍あり(20年前は1.7倍)、同地域が低成長・低金利というイメージとは裏腹に、着実に経済を伸ばしてきているのがわかります。


LIMOの記事をもっと見る 2019年11月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。