【2020年】保険の最新傾向がわかる! 「がん」「介護」「貯蓄」編

       
【2020年】保険の最新傾向がわかる! 「がん」「介護」「貯蓄」編

人生100年時代には、保険によるリスクへの備えについても今一度考えてみることが必要になります。最近は、ライフスタイルの多様化や高齢化が進行し、また医療事情の変化などにより、以前は考えてこなかった分野の保障へのニーズが増えてきています。



前回の記事( https://limo.media/articles/-/15141 )では、「死亡保障」「就業不能保障」「医療保障」についてみてきました。今回は、「がん」「介護」「貯蓄」に関する保障の最新傾向についてみていきたいと思います。



■がんに備える保険



がん保険は従来、一時金で受け取る診断給付金と入院給付金をベースに、入院後の通院や、入院を伴う手術を保障するものが主流でした。



現在のがんに対する治療は、「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」が3大治療とされており、長期入院よりも短期入院、もしくは入院せずに通院治療のみというケースも増えています。従来型の保険は、通院治療については入院が支払い要件になっているタイプも多く、このトレンドをカバーしきれていないケースもあります。



そこで、最近は診断給付金に重点を置くタイプや、入院の有無を問わず3大治療に対して給付金を支払うタイプなどが増えてきています。また、入院を伴わない通院治療や療養、未承認の抗がん剤治療といった自由診療など様々な費用に対応できる保険も出てきています。



また、がんだけでなく、急性心筋梗塞や脳卒中を加えた3大疾病時に一時金や年金で備えることで、通院や抗がん剤治療に備えるという方法もあります。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。