日本の50年後は65歳以上が4割。高齢者を支える重荷はふくらむ一方

日本の50年後は65歳以上が4割。高齢者を支える重荷はふくらむ一方

■高齢化、水準では日本、スピードでは韓国、シンガポール



日本の高齢化率(65歳以上人口の総人口に占める比率)は、2019年9月推計で28.4%と世界一の水準です。



2019年版高齢社会白書によると(国際比較のため2015年データ、日本は26.6%)、世界全体では総人口73.8億人、そのうち65歳以上は6.1億人、高齢化率は8.3%です。



開発途上国の高齢化率は6.4%、先進地域では17.6%と、かなり格差があります。日本に次ぐ高齢化率はドイツ(21.1%)で、スウェーデン(19.6%)、フランス(18.9%)、イギリス(18.1%)と続きます。



アジアでは韓国(13.0%)、シンガポール(11.7%)が高齢化率の高い国々ですが、両国ともに2060年には欧州諸国を抜き去って35%以上の水準になる見込みです。



国連の定義では、高齢化率が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」です。日本は1970年に7%に到達しましたから、もう50年も前から「高齢化社会」です。また14%になったのは1994年で、比率が倍加する「倍加年数」はわずか24年でした。



ちなみに、ドイツは40年、スウェーデンは85年、フランスは115年、イギリスは46年です。ただ、韓国は18年、シンガポールも20年と、日本より短く、高齢化のスピードでは日本以上だとわかります。



■2065年の日本の総人口は1950年代の水準に



社会保障・人口問題研究所が50年後の日本の人口推計値を発表していますが、高齢化率は38%強と今よりも10ポイントも高い水準です。現在の15歳が65歳になる頃には、人口の4割が65歳以上という時代を迎えるわけです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。