「大企業=安定」の時代は過ぎた「新卒の3割が3年で辞める」飛び出した若者の声

「大企業=安定」の時代は過ぎた「新卒の3割が3年で辞める」飛び出した若者の声

誰もが知る大企業に入社しても、3年足らずで退職する若者が後を絶たないことが話題になっています。「新卒の3割が3年で辞める」というのは、ウワサではなく、現実問題でもあるのです。今回は、大企業に入社した若者がなぜ「退職」を選択するのか、その背景と、彼らの転職の実態を紹介します。



■「新卒の3割が3年で辞める」は、あながち間違いではない



厚生労働省が公表した「新規学卒就職者の離職状況( https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00001.html )」によると、2015年3月の「新規大卒者の就職後3年以内の離職率」が31.8%となっています。つまり「3年で3割が辞める」というのは、あながち間違いではないようです。



大企業に入社すると、たしかに以下のようなメリットがあります。



・福利厚生が充実している
・昇給のイメージが持ちやすい
住宅ローンなどを借りるときなどに信用がある
・社員教育や研修制度が充実している



大企業は、環境が整備されている会社が多いもの。長く安心して働ける、という「終身雇用」の産物と言えるかもしれませんね。ただ、「成長できない」という現実に直面し、大企業を去る若者が少なくないという現実もまた事実です。



■大企業に勤めることが「安定」の時代は過ぎた



大企業に入社しても、自分の希望の仕事に就くことは難しいです。同期が多く、従業員が多い会社に入社すると、希望していない仕事に就く人も多いでしょう。そして終身雇用が崩れた現在、大企業の社員であってもいつ職を失うか分かりません。そのため会社への依存に危機感を覚え、「自分の市場価値を高めよう」と大企業を去る若手社員がいることは、ある意味当然のことといえます。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。