年収1200万円で貯金ゼロ⁉おどろき「高年収貧乏世帯」の実態

年収1200万円で貯金ゼロ⁉おどろき「高年収貧乏世帯」の実態
拡大する(全1枚)

総務省が2人以上の世帯8,076世帯を対象に毎月実施している「家計調査(貯蓄・負債編)の2019年平均の結果( http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/2019_yoyaku.pdf )」によると、1世帯当たりの貯蓄現在高(平均値)は1,755万円。年収や住む地域、家族構成などで貯蓄額もさまざまと頭では分かっていても、よその家庭がいくらぐらい貯めているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。



最近では夫婦でバリバリ稼ぐパワーカップルというワードも聞かれるようになりましたが、リッチな家庭を見るとあれだけ高収入ならきっと貯金も多いはず…とうらやましくなることもありますよね。



■え?それだけ?高年収世帯の貯金事情 



今回話を伺ったAさんは現在育児のため時短勤務中の有名食品メーカー正社員。夫は年俸制の外資系大手コンサル会社に勤めています。子どもは保育園児と小学生の4人家族。世帯年収はAさんが時短勤務中にも関わらず1,200万円を超えています。一昨年東京都下の人気エリアに一戸建てを購入し、傍目からは理想の高年収世帯という印象です。ところが、Aさん曰く「よくお金持ちそうっていわれますが、実は我が家は全然貯金がないんです。家も買って、去年は車も新しくしたのが大きいですね。子どもたちにもなんだかんだお金がかかりますし…。でも、毎日忙しくて家のお金についてちゃんと考える時間がないのも理由の1つ。現実を知るのが怖いというのもありますが…。」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク