そのつけ方で大丈夫?お金が貯まる家計簿の見直し方

そのつけ方で大丈夫?お金が貯まる家計簿の見直し方
拡大する(全1枚)



家計簿をつけていても「うまくお金の管理ができていない…」と感じることはありませんか?ライフスタイルの変化があった今こそ、家計簿の見直しをするいい機会です。



今回は、お金が貯まる家計簿の見直し方についてご紹介します。



■家計簿をつける目的をはっきりさせる



家計簿をつける大きな目的は「お金の収支を可視化して管理するため」ですが、さらに細かくわけると「現在、どのようにお金を使っているのか把握するため」「収支を確認してお金を貯めるための改善点を見つけるため」などがありますよね。



家計簿の見直しをしたくてもなにから始めたらいいのか分からないときは、まず現在の収支の把握をすることか、それとも改善点を見つけることや改善策を考えることか、など目的が何かを決めて家計簿のつけ方を見直してみましょう。



■家計簿を見直す大切なポイント



1.項目の見直し

家計簿を見直すポイントの1つ目は、項目の見直しです。食費や光熱費、教育費や家賃などがありますが、どれくらい細かく分けていますか?



項目を細かくわけて記入した方が分かりやすくこちらの方がいいと思いがちですが、細かく分けすぎてしまうと余計分かりにくくなってしまったり、家計簿をつけるのが面倒になったりします。



そのため、見直すときはまずは項目を食費や光熱費、日用品費などだいたい4つから8つぐらいにしてみるのがおすすめです。項目を少なくしてみて「やっぱりこの項目は必要だ」と思ったら、付け足してみるといいでしょう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク