ご当地カレー数ある中で気を吐く「ココイチ」、カレーチェーンでは一強状態

ご当地カレー数ある中で気を吐く「ココイチ」、カレーチェーンでは一強状態
       

「国民食」という言葉を聞いたことがあると思います。厳密な定義はないようですが、一般には、世代・地域・性別などに影響されることなく大衆に親しまれている食品、または料理を表すと言われています。日本の国民食として定着しているものもいくつかありますが、代表的な1つが「カレー」ではないでしょうか。



定番のカレーライスを始め、麺類(うどん、蕎麦、スパゲティ等)、カレーパン、カレーまんなど、そのバリエーションの多さも特徴です。また、概ね手頃な価格であることから、週に2~3回はカレーを食べるという人もいるでしょう。



■カレーのチェーン店では「ココイチ」一強



カレーは外食産業でも存在感を高めています。街中では、カレーのチェーン店「CoCo壱番屋」(通称「ココイチ」)を目にすると思います。



同店を展開する(株)壱番屋の資料によれば、その店舗数は約1,262(2020年8月末)。この店舗数は、吉野家(同1,213)より多く、モスバーガー(同1,270)と同等の規模です。エリア別で見ると、約20%が同社の地元である中京地区(愛知、岐阜、三重)、約27%が首都圏、約16%が関西圏にあります。



ところで、ハンバーガーや牛丼は複数の有力チェーン店が、日々厳しい販売競争を行っているのはご存知の通りです。しかし、カレーは全く異なります。店舗数で見ると、第2位のチェーンの店舗数が70強であるため、「ココイチ」は圧倒的な断トツ1位です。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ご当地カレー数ある中で気を吐く「ココイチ」、カレーチェーンでは一強状態」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    味褒めてる人とか周囲におらんし近所の店舗は店員の質が最悪で行こうとか全く思わんのだがどこ評価なん?

    0
この記事にコメントする

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。