「貯蓄2,000万円世帯」と「貯蓄ゼロ世帯」は何が違う?「家計管理」で異なる3点とは

「貯蓄2,000万円世帯」と「貯蓄ゼロ世帯」は何が違う?「家計管理」で異なる3点とは
       

アラフォー世代はそろそろ老後資金を意識したり、子どもがいれば進学などで学費がかかる世代ではないでしょうか。そのためお金に関して真剣に考えて、貯蓄にも取り組んでいるかもしれませんね。実際のところ、アラフォー世代の貯蓄額はどのくらいなのか。㈱オールアバウトが行った「withコロナ時代のマネーに関する不安の調査」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000001207.html )から紐解いていきましょう。



■二極化するアラフォー家庭の貯蓄額



総合情報サイト「All About」を運営する㈱オールアバウトが小学校4~6年生の子どもを持つアラフォー世代の親426人に対し、「withコロナ時代のマネーに関する不安の調査」を行いました。この中で貯蓄額(貯金額や保険や株式・投資信託なども合わせた「金融資産保有額」も合算した貯蓄額)について質問をしたところ、「100万円未満」と「2,000万円以上」の二極化の構図が浮かび上がりました。具体的な数字は以下です。



  • 貯蓄はない:7.3%
  • 100万円未満:9.2%
  • (「貯蓄はない」と「100万円未満」の)合計で16.5%
  • 2,000万円以上:13.6%
「貯蓄2,000万円世帯」と「貯蓄ゼロ世帯」は何が違う?「家計管理」で異なる3点とは

拡大する



アラフォー世帯の貯蓄額について(出典:㈱オールアバウトの調査より)



■年収が高いから貯蓄ができるわけでもない



貯蓄が2,000万円以上ある家庭は、もともと年収が高いのでは?と思われがちですが、実際のところどうなのでしょうか。貯蓄2,000万円以上の家庭の年収を見ると1,000~1,200万円世帯が全体の約24%を占めてはいますが、一方で400~800万円未満世帯が約26%となっているのです。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。