犬にかまれる人の数が減らないニュージーランド…意見が割れるその対策

犬にかまれる人の数が減らないニュージーランド…意見が割れるその対策
       

ニュージーランドでは10月下旬に、痛ましい事件が起きました。生後たった1日の赤ちゃんが犬に襲われ、亡くなったというのです。



ニュージーランドでは病院で出産した場合、安産で、母子ともに健康、自宅に戻っても助け手がいるようであれば、出産後すぐにでも自宅に戻ることができます。おそらくこのお母さんはその条件に合うと判断されたために、自宅に赤ちゃんと戻っていたのでしょう。



庭で赤ちゃんと過ごしていた時に事件は起きたようです。お手洗いに行こうと赤ちゃんから少し目を離したすきに、庭にいた飼い犬2匹が赤ちゃんを襲ったと見られています。なお、生後すぐの赤ちゃんと外に出るというのも、こちらではごく普通のことです。人ごみなどはいけませんが、自宅の庭などはまったく問題ありません。



実は国内では、犬が人をかむ事件が度々起きています。被害者の多くが10歳以下の子どもです。何らかの対策を講じなくてはいけないものの、意見は割れています。



■筆者も3匹の見知らぬ犬に取り囲まれた



生後1日の新生児が亡くなった事件を聞いて筆者がまず思い出したのは、10年以上前の経験です。それはまだ、娘が乳児の頃でした。



ある日、外出から戻り、自宅前に車を止め、後部座席から娘が乗ったベビーシートを車の外に出した時のことです。どこからか3匹ほどの大型犬がサッと現れ、ベビーシートを持つ私を取り囲んだのです。大型といっても、がっちりした体格ではなく、比較的細身の犬でした。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。