私立中学校に通わせるには親の「課金」次第!?受験費用と世帯年収はいくら必要?

私立中学校に通わせるには親の「課金」次第!?受験費用と世帯年収はいくら必要?
拡大する(全1枚)

中学受験のリアルを描き、累計65万部の大ヒットとなっている漫画『二月の勝者』。その第2巻でテーマとなった「中学受験は課金ゲーム」というワードは、同世代の子どもを持つ保護者のなかでも話題となりました。



株式会社ファルボが中学受験性の保護者410名を対象に学習塾費用比較を独自調査した『中学受験は本当に課金ゲームなのか?「中学受験にかかる費用」実態調査レポート( https://eduzukan.jp/jhs/484/article/9635 )』(2020年10月22日発表)をみると、中学受験の実態がつかめてきます。今回は、そんな私立中学校の受験にまつわるお金の問題についてみていきましょう。



■私立中学に通わせる世帯の年収は800万円を越える傾向



私立中学校への受験を考える際、気になるのはその学費。文部科学省「子供の学習費調査( https://www.mext.go.jp/content/20191212-mxt_chousa01-000003123_01.pdf )」で確認してみると、私立中学校の学習費総額は140万6,433円。公立中学校の48万8,397円と比較すると、約3倍のお金がかかることが分かります。また、私立の学費は近年増加傾向にあるようです。



「私立中学なんて、世帯年収1,000万円くらいないと無理でしょ?塾だけで100万円以上かかるイメージ」(37歳・小学2年生のママ)
「できることなら、中学から私立に行かせたいけれど……ママ友に言ったら、リッチすぎ!と驚かれてしまって。そんなにお金かかるものなの?」(29歳・幼稚園年中のママ)


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。