日本製鉄の株価が意外にも堅調なワケとは

日本製鉄の株価が意外にも堅調なワケとは
拡大する(全2枚)

日本最大手の鉄鋼メーカーである日本製鉄。



マザーズに上場しているキラキラした新興IT企業と違って、重厚長大・伝統的な企業といったイメージを持たれている人も多いと思います。



コロナをきっかけに事業環境は厳しいように見えますが、実は日本製鉄の株価は足元で強い動きを見せているのです。



今回はその動向・理由を解説しながら、投資のヒントもご紹介しようと思います。



■日本製鉄の株価は急速に持ち直し!



まずは、コロナ禍前(2020年1月)を起点として、日本製鉄の株価とTOPIXのパフォーマンスを比べてみましょう。



日本製鉄の株価が意外にも堅調なワケとは


上の図は、2020年の大発会(初取引日)である2020年1月6日の終値を100として値動きを指数化したグラフです。



こうして見ると、日本製鉄の株価パフォーマンスはコロナ禍において2021年2月頃までTOPIXを下回ってきました。



コロナの影響を受けて国内外の経済活動が停滞する中、「ザ・景気敏感企業」ともいえる日本製鉄の株が売られるのは容易に想像できますね。



しかし、ずっと軟調な動きを見せていたわけではありません。



2020年10月頃からの株価持ち直しの勢いは強く、2021年3月頃にはパフォーマンスはTOPIXと並び、それ以降は大きく上回る局面も見られました。



一体、何がこんなに買いを呼び寄せているのでしょうか。



■堅調な株価の背景にある4大ポイントとは?



コロナが完全に収束したわけではないにもかかわらず、日本製鉄の株価はなぜ強い勢いで持ち直すことができたのでしょうか。ポイントは、以下の4つだと考えられます。


この記事の画像

「日本製鉄の株価が意外にも堅調なワケとは」の画像1 「日本製鉄の株価が意外にも堅調なワケとは」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク