米国は金本位制に戻るのか? ”為替操作の対処法”の意味とは

金を裏付けとした米国債の発行はアラン・グリーンスパン元FRB議長がCEA(大統領経済諮問委員会)委員長を務めた後の1981年に提案したことでも知られています。



■次期FRB議長候補は金本位制論者



シェルトン氏の発言が注目されている背景には、彼女がトランプ大統領の経済顧問だったこともありますが、それ以上に次期FRB議長候補であるからです。



FRBの理事は7人の定員のうち現在2人が空席となっています。4月にはダニエル・タルーロ理事の退任に伴い空席は3人になる予定です。



さらに、来年にはジャネット・イエレン議長とスタンレー・フィッシャー副議長が相次いで議長・副議長としての任期切れを迎えます。両名とも理事として残ることもできますが、再任されなかった場合には退任するとの見方が有力視されています( http://www.cnbc.com/2016/12/07/the-fed-shouldnt-be-driving-us-economy-trump-advisor-judy-shelton-says.html )。



FRB人事がこうした状況にある中、シェルトン氏はまず現在空席となっている理事に就任し、イエレン議長の退任に伴い同ポストに昇格するのではないかと見られています。今から1年後の来年2月、FRBの量的緩和は“為替操作”の言い換えに過ぎず、ドルは金などの実物資産にリンクさせるべきと公言しているシェルトン氏がFRB議長に就任しているかもしれません。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。