【太陽光投資】発電量アップの秘策! 投資価値を高める設置工法とは

【太陽光投資】発電量アップの秘策! 投資価値を高める設置工法とは
       

■過積載と東西パネル設置を知っておこう



【太陽光投資】発電量アップの秘策! 投資価値を高める設置工...の画像はこちら >>

■太陽光発電の固定価格21円時代到来!



いよいよ太陽光発電の固定価格買取制度の売電単価が21円+税に決定しました(調達区分10kW以上2,000kW未満)。今から新たに設備を取得する場合はすべて21円の単価になってしまいますが、これは前年度の24円から3円も下がったことになります。



そのため、今までの設備購入価格では投資価値が見合わなくなり、太陽光投資の平均利回り10%も崩れてしまうことが懸念されます。



■過積載という常識が今後どう変わっていくのか?



現在、低圧太陽光システムは50kW未満と決められていますが、そのほとんどが過積載というシステムで動いています。



過積載とは、パワーコンディショナー(以下、パワコン)の接続容量50kW未満のものに対し、定格出力を越えた枚数の太陽光パネルを乗せ、朝や夕刻などの最低発電量を底上げすることを可能にするシステムです。



日中のピーク時は、パワコンの出力値以上の電力は捨ててしまうことになりますが(ピークカット)、全体の総発電量を上げることで結果的に過積載のほうが多くの発電を得ることができます。



ほかにも過積載のメリットとして以下の点が挙げられます。



  • 入力電圧が高くなるので朝のパワコンの起動が早まる
  • 夕方は停止するまでの時間が延びる
  • ピークカットでピーク時の電力が抑えられるため電圧変動率の少ない発電所になる
  • 曇りの日でも通常の発電所に比べて発電低下の影響が少ない

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。